ネットビジネス検証

ANA偽サイトに注意!詐欺の危険性と対処法を解説 – ana補助金5万円は貰えない

【拡散】ANAを装う偽サイトに注意!詐欺の危険性や対処法を緊急解説! - ana.japan政府交通補助金5万円は貰えないわ

いらっしゃい。ネッチョリーナよ💜

このブログではネットビジネスで生計を立てるドラァグクイーンこと

わたくし「ネッチョリーナ」が、怪しいネットビジネスや投資について解説して正しい情報を発信しているのだけれど、

この記事では、今、被害が拡大している

ANAホールディングス株式会社の偽サイト(フィッシング詐欺サイト)

について緊急で解説するわ。

私の周りでも被害が出ていると小耳に挟んだから、このブログを使って注意喚起・情報拡散をするから、「ana.japan政府交通補助金」「アンケート回答で50000円プレゼント」という文言が書かれたANAのサイトに注意しなさい☝️

インターネットのほかショートメールやSNSからもANAを装う偽サイトが拡散されているようね。

ANAの偽サイトは、パッと見では違いが分かりにくいほど巧妙に作り込まれているから、いきなりお金を求めてくる不審なURLとかSMSからのメッセージには注意しなさい。

これからANAの偽サイトに関する詐欺情報や危険性・対策法を解説するわ。不安でも焦る必要はないから焦らず最後まで見てちょうだい。

ANAを装う偽サイトに注意!

現在、ANAの公式ホームページに似せた偽サイトがインターネットやみなさんのスマホやパソコンに拡散されています。

「ana.japan政府交通補助金」
「アンケートを通じて、 50000 円を取得するチャンスがあります」

という口実で、大切な個人情報・機密情報を不正に盗み取ろうとしているの。

偽物サイトは、私の場合だとショートメール(SMS)から送られてきたわ。人によっては、インターネットから直接サイトに誘導されたり、Eメールやショートメール、SNSのLINEからも送られてくるケースが確認されているわ。

ANAを装う偽サイト – どんな危険性があるの?

ANAを装う偽サイトの画像

ANAを装う偽サイトには3つの危険性があるから覚えておきなさい。

スミッシングやフィッシング詐欺は、ANAだけに限らず、いろんな有名企業や大手メーカーの名前を不正利用して詐欺目的のサイトを拡散しているの。

だから今後の対策のためにも、詳しい知識をつけておきましょう☝️

危険性1 ログイン情報や個人情報を盗まれるわ

ANAの偽サイトの中には、ログインページや支払いページまで作り込んでいるものも存在するわ。そのサイト内で「ログインID・パスワード」や「クレジットカード・銀行口座」を入力してしまうと、

ANAの偽サイトを拡散した悪徳業者に情報が渡ることになるの。

悪徳業者がその個人情報・機密情報をどのように利用するのか考えると夜も眠れないわ…。

よくあるケースで言えば、入手した個人情報を高額売買され別業者に流されたり、アカウントを不正ログインして利用されることがあるわね。

危険性2 国際電話詐欺で高額料金を払わされるわ

ANAの偽サイトから電話をかけるように指示されたら要注意よ。

こちらから連絡をしてしまうと国際電話に繋がって高額な通話料を搾取されてしまうわ。通話している時間が長いほど国際電話の通話料金を多く取られるのだけど、悪徳業者は無駄な待ち時間を設けたりして通話時間を伸ばしてくることがあるあるよ。

片言な日本語で、意味の分からない話を延々と話してきたり、日本人に対して英語で語りかけてきたりして必要以上に時間を掛けようとしてくることもあるみたい。

中には電話内でも個人情報を聞き出してくることもあるから注意よ。

危険性1 詐欺業者にたらい回しされるわ

一度でもANAの偽サイトに個人情報を入れたりフィッシング詐欺に騙されてしまうと、その業者の業者リスト(カモリスト)に乗ってしまうわ。

悪徳業者は個人ではなく組織的なものがほとんど、リストに載ってる騙されやすい人たちの大切なお金を何度も何度も搾取してくるから悪質なのよね。

そうやって一度のトラブルから、悪徳業者に「たらい回し」されて二次被害に広がっていくことがあるから注意!

ANAを装う偽サイト – 対処法を解説

ここからはANAの偽サイトを見分ける方法や騙されないための対策と知恵を教えるわ。

最近はANAの偽サイト以外にも、さまざまな企業やサービスが悪質業者の餌食にされてるようね。

公式ホームページに似せたサイトを量産して、詐欺や個人情報搾取のような悪用をしているから対処法を覚えておくといいわよ。

ここが大事だから熟読しなさい☝️

偽サイトの見分け方は「サイトのURL」

見ているANAのページが、公式サイトなのか、偽サイトなのかを見分ける方法は

サイトの「URL」を見ること

サイトのURLを見れば本物か偽物かなんて簡単に解決できるわ!

URL(ドメイン)は必ず一意であることが保証されてるの。複数のサイトで同じURL(ドメイン)が使われることはないわ。だから公式サイトのURLと比較することを覚えておきましょう。

実際にANAの公式サイトと、送られてきた偽物サイトを比較すると一目瞭然ね。

ANA公式サイトのURLは、https://www.ana.co.jp

それに対して、私が確認したANAの偽サイトはこちらよ。

ANAを装う偽サイトのURL

ANAの偽サイトはこのような無作為な文字を使ったURLになっていたわ。

1hi4w7.cn/xUlI1jti/

中にはana.co.jpに似せて、ana.jp・ana.net・ana.co.comなどのURLで運用されてる場合もあるからURLのチェックは細かくするようにしなさい。

国際電話詐欺の見分け方は「+(プラス記号)」

国際電話詐欺の見抜き方は、

+(プラス記号)から始まる番号が国際電話

電話の着信画面に出てくる番号が+(プラス記号)から始まる電話番号だったら、それはすべて海外からのお電話ということだから覚えておくといいわよ。中には、電話の着信画面に「アメリカ」「中国」などどこの国から連絡がきたのか表示されるものもあるわ。

すべての電話番号には国番号というものがあるの。たとえば日本の国番号は「+81」。

日本にいる時に日本からかかってくる電話は国内電話ということになるから「+81」と表示されることはないわ。

「+81」と表示されるのは、海外にいる相手からかかってきた時、自分が海外にいる時に日本からかかってきた時よ。

  • +1 アメリカ合衆国・カナダ
  • +66 タイ
  • +81 日本
  • +82 大韓民国
  • +86 中華人民共和国
  • +91 インド

ANAを装う偽サイト – まとめ【今後の対策】

副業とかネットビジネスが世の中に浸透してきた時期から、

SMSやインターネット上で悪質な詐欺行為が年々増え続けているわ。

自分は騙されないから大丈夫っていう過信はダメよ!常に注意すること。悪質業者の手口はとっても巧妙なので、ちょっとした油断から大きなトラブルに発展するリスクがあるわ。

特に多いのは、SMSからいきなり謎のURLが送られてくるパターンね。

すでに会員登録しているサービスと名乗る業者から、セキュリティ上の改善としてパスワードの再設定や再ログインを求めてくることもあるようね。

不自然に長いURLや、明らかにサービス名と違うURLが紛れているものには注意!

SMSやメールから送られてきても安易にクリックしないように注意しましょう☝️

ここまでANAの偽サイトについて緊急で解説してきました。

ANAの偽サイトには、このような危険性があるわ。

  • フィッシング詐欺による個人情報漏洩
  • 不正利用やなりすましによる金銭トラブル
  • 国際電話詐欺による高額通話料の請求

対処法はサイトのURLを確認することと、着信がきた電話番号の+(プラス記号)と国番号を見ること!これを忘れないように。

この記事を通して詐欺被害が減ることと、安心してANAのサービスが使えるようになることを願っています。

ABOUT ME
ネッチョリーナ・サチコ
このブログ『サチコの怒り新党』を運営しているネッチョリーナ・サチコと申します。ネットビジネス歴は20年。ネットビジネスで収益7桁を達成。副業で稼いでいくための情報発信と、抱えているお悩みの相談にお答えできるように私のLINEを公開しているわ。